NISAって一体なに?

NISAとは小額非課税投資制度

NISAとは日本における投資信託や株式投資に対して、通常は売却益や配当には20%の税金がかかるところを年間120万円以内なら非課税になる制度のことです。金融機関で通常の口座とは別で非課税口座を作ることで非課税の取引ができます。ただし、一人につき1口座のみとなっているため、他金融機関で非課税口座が開設されていないことの確認が必要になります。資格者としては日本国内に住む20才以上の人であり、非課税期間は最長5年間です。注意点としては銀行で株式取引を行えないため、証券会社に口座を作る必要があります。また1年間の非課税上限は120万ですが、年度の途中で株式や投資信託を売却しすると、残りの利用枠を再利用できないという点には注意が必要です。

NISAで税金を取られない投資を始めることで学びましょう

株式投資を始めると税金が大きく取られることが多くありました。その障害を取り除くために作られたNISAでは非課税になります。この点を利用して株式投資を始めるといいでしょう。税金がかからないために再投資しやすくなり、学ぶ期間ができるという点がNISAのいい点です。NISAで株式投資を学んで、一般の口座へ移っていくという流れで利用するといいかもしれません。資産運用の足掛かりとしてNISAを利用するのは無駄ではありませんし、経験として学ぶ機会ができるのは一般の人にとっては重要です。学ぶ機会がなかった投資について学ぶきっかけになるという意味でNISAは重要な制度になります。制度があるうちに利用しない手はないでしょう。